カラダのトラブルNavi|その病気・ケガに必要なケア方法はこれについて

赤ちゃん〜大人まで、自分でできるアトピー肌対策あれこれ

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんから成人の方まで幅広い年齢層の方がかかる可能性のある病気ですが、その発症のメカニズムには個人差もあり、いまだにわかっていない部分がたくさんあります。そのため、「これをすれば間違いなく完治する」という確実な方法もありません。

医師の指示を仰ぎながら、自分に合った治療法を根気良く探っていくしかありません。しかしながら、症状を改善させるための生活上の工夫というものが、多くの人の経験からある程度わかってきています。

ここではそのうち、スキンケアに関するものを紹介します。アトピー性皮膚炎の原因には、遺伝・環境・ストレス・免疫力の低下などさまざまなものがあるとされていますが、これらの原因に何らかの刺激が加えられることで発症すると考えられています。

たとえば食品に含まれるアレルゲンや、ダニ・カビなどです。そしてこの中には、皮膚に対する刺激も含まれます。具体的には、皮膚の乾燥、雑菌、紫外線などです。そこで、これらの刺激を避けるためのスキンケアが重要になってきます。

まずはシャワーや入浴で、肌の汚れをしっかり落とします。入浴は発汗を促して乾燥を防ぐのにも効果的です。ただし水道水の塩素がよくない刺激を与える場合もあるので、できれば浄水器を使用します。次に、保湿です。保湿成分が配合された化粧水などを使って、肌を乾燥から守ります。

最後に、紫外線対策です。日焼け止めクリームなどでUVケアを行います。特に男性は女性に比べて無関心な方が多いですが、日焼けとはつまり軽い炎症のことですから、皮膚炎を悪化させないためにしっかりした対策が必要です。

アトピーの悪化を防ぐには「スキンケア」の見直しが必要

男性・女性にかかわらず、アトピーの人は肌バリアの機能が弱く、乱れた角層から異物が侵入しやすく炎症が起きやすい状態になっています。アトピー治療では、肌バリア機能を回復させることが重要で、肌をかくことで肌バリアを傷つけてしまうので、内服薬でかゆみを止めます。ステロイド外用薬との併用で炎症を改善して肌バリア機能の回復をはかります。

アトピーの人のスキンケアのルールとして、洗顔料を泡立てて、泡を顔全体に行き渡らせるイメージで洗います。洗い残しやすすぎ残しがないように注意しましょう。次に、乳液などの保湿剤は、両手でいちどなじませて、顔を包み込むようにし、やさしくつけると肌への負担が少なくなります。

また、新しい化粧品は段階を踏んで試すことが大切です。片側の頬に少量を使って、翌日にもう片側というように試し、肌に異常が出ないか慎重になる必要があります。顔全体へのメイクは避け、ポイントメイクをすることをオススメします。

汗はかゆみや湿疹を誘発するので、汗をかいたら外出先ではなるべく早く、濡れタオルなどで肌を押し当てるようにぬぐい取りましょう。注意したいのは、ハンドタオルやハンカチで強く拭くと肌を刺激し、傷つけるので止めましょう。

携帯用に便利なウエットティッシュもメントール成分などが入っているものもあるので、肌に炎症がある場合は避け、様子をみながら使用しましょう。こまめにシャワーを浴びて汗を肌に残さないようにし、必ずシャワー後にはアトピーの外用薬やスキンケアで肌を保湿します。アトピーは心理的なものも影響するので、ストレス発散できる楽しみを見つけましょう。

男性のアトピー肌ケアに重要なポイントとは?

身体中がかゆくて仕方ない、乾燥している季節はアトピーの人達にとって憂うつな季節です。そんなアトピー肌の症状は人によってさまざまです。重度の人もいれば、軽度の人もいます。重度の人は、アトピー用のクスリを手ばなす事が出来ないと言われています。

アトピー肌の人は、スキンケアにも気を使わなければなりません。女性は敏感肌用の化粧品を選び、自分の肌質に最適なスキンケアをしていきます。しかし、男性の場合は、化粧品を買うということに抵抗があるといいます。

それにどのようなスキンケアをしていいのか悩んでしまうそうです。スキンケアはアトピー肌の人達にとって、大切なことです。スキンケアをする人としない人では、その後の肌状態がぜんぜん違ってくるものです。

男性も自分の肌状態に合ったスキンケアを選ぶと良いといいます。男性に最適なスキンケア方法があります。それは馬油を薄く塗っていくということです。肌がしっとりと落ち着きます。馬油は、人の肌に近い成分で出来ていると言われています。そのため肌の馴染みがよく、しっかり浸透して、肌の表面に薄いバリアを作ってくれます。

それと、石鹸にハチミツを混ぜて使うと肌が落ち着くと言われています。そのとき、石鹸は、天然成分のものを選びます。アトピー肌の人は自然派を使うことが大切です。化粧水も乳液も自然派を選び、ハチミツを加えてスキンケアしていきます。ハチミツは、ヨーロッパ製を選ぶと良いそうです。

大人の風疹対策の方法|予防接種を受けていてもかかる可能性も

大人の風疹は予防接種を受けたことがあっても、絶対にかからないというわけではありません。風疹の予防接種を受けたのにもかかわらずかかってしまった人に考えられる原因のひとつが、受けた予防接種の回数です。風疹ワクチンの予防接種は、現在では1歳のときと、そして小学校に入学する前と合わせて2回行うように国の制度がなっています。

しかし、現在は2回接種が行われることに対して、平成2年4月1日以前の制度では、子どもの頃に1回接種をするだけになっていました。専門家の説明では、1回の接種で充分な抗体を作るのは無理で、2回接種して初めてウイルスから守られるだけの抗体が作られるのだそうです。そのため、たとえ風疹の予防接種を受けていても風疹のウイルスに触れると感染してしまうといいます。

そして、心配なのは、2013年7月、あまりのワクチン不足で厚生労働省で、2回受けるべき子供の接種を1回にするように検討していることです。

2回受けるべき接種を1回にするのですから、今の子供たちが、風疹にかかる確率が高くなります。そして、その子たちが大人になって、大量に風疹患者が発生して、そしてまたワクチン不足で大変な思いをすることが繰り返させるのでしょうか。

大人の風疹の予防法は、これといった絶対的なものが無くて、唯一の予防法が予防接種を受けることだけなのです。風疹にかかって「死にそうだった」というほど苦しむ人もいます。重い後遺症が残ってしまう人もいます。早く充分なワクチンの量が確保されることが望まれます。

大人の風疹対策の方法|予防接種を受けた方がいい年代とは?

大人の風疹対策で、予防接種を受けた方がいい年代とは、国制度の狭間で風疹の予防接種を受けられなかった年代の人達です。そして、その年代についても、男子と女子の差もありますし、制度も時々変わっていますので、保健所などで自分の年代は果たして受けてあるかどうか調べてみることをお勧めします。

ただ唯一はっきりしていて、一般にも知られている年代は、今現在20代から40代の男性です。女性の場合はこの年代の人は予防接種を受けています。

親に風疹を受けたかどうか聞いても、昔のことではっきり覚えている可能性も少ないですし、小さいときは幾つか予防接種がありますから、はたして風疹の予防接種を受けたかどうかの記憶もあいまいだと思います。

母子手帳を見れば多分、はっきり分かるのですが、母子手帳がない場合など、自分の年代が受けてあるのかどうか、保健所で聞いてみるとか、各保健所のホームページなどで紹介されていますからそれで調べることが出来ます。

また、予防接種を受けていなかった年代の現在20代から40代の、男性ですが、男性の場合は自分は男性だからとか、妊娠しないからと予防接種を怠りがちですが、奥さんが妊娠した時にうつしたり、職場などの周りの女性にうつす可能性も出てきます。

なので、ぜひ受けてくださいと言いたいところですが、ワクチン不足という限界を越した医療機関にさえ在庫がないという現実があるので、簡単に言えなくなりましたが、せめて風疹の抗体があるかどうかだけでも調べておくことをお勧めします。

[PR]コラーゲン サプリメント

カラダのトラブルNavi|その病気・ケガに必要なケア方法はこれカテゴリー項目一覧

PM2.5対策

とびひ

むくみ

アトピー肌ケア

サイト情報

プール熱

不妊

乳がん

人間ドック

大人の風疹対策

水疱瘡

熱中症

紫外線

顎関節症

鳥インフルエンザ

内臓脂肪とは